当法人概要当法人の設立の趣旨と現在までの経緯

NPO法人地域文化アーカイブスは、自治省(現総務省)のハイビジョン静止画を中心とした美術鑑賞システムの普及促進を図るハイビジョン・ミュージアム構想の推進母体として、平成3年4月17日に設立されました。
平成27年度現在の会員数は、国、地方公共団体、美術館、博物館などの情報会員が110団体、メーカーや関係団体の賛助会員が10団体・個人となっています。

NPO法人地域文化アーカイブスでは、企画ソフトとして、これまでに「19世紀フランス美術の世界」、「日本美術の至宝絵画編~国宝とその周辺」など18シリーズ、174本の作品を制作しましたが、いずれも美術史上、画期的な美術画像大全集として注目されています。

平成11年6月18日に「ハイビジョン・ミュージアム推進協議会」から「デジタル・ミュージアム推進協議会」に名称変更および 組織変更を行ない、「地域文化デジタル化事業」の推進を行なっています。

協議会は、平成15年6月より「地域文化デジタル化推進協議会」を経て平成21年度から「NPO法人地域文化アーカイブス」と名称を変更し、「特定非営利活動法人」として「地域文化デジタル化事業」の普及・推進をはかっています。

NPO法人地域文化アーカイブスへの移行

平成20年 11月 21日 内閣府へ申請書提出
平成21年 2月 12日 内閣府より認証の通知を受理
平成21年 3月 18日 登記・NPO法人設立
平成21年 3月 31日 地域文化デジタル化推進協議会を解散、清算事務期間へ
平成21年 4月 1日 NPO法人活動開始
平成21年 5月 末日 地域文化デジタル化推進協議会清算事務完了
平成21年 6月 上旬 NPO法人第1回理事会・総会を開催
page top
トップページへ戻る