当法人概要「対応システム」について

「対応システム」とは

「対応システム」は、これまで活用されてきました、「HVC技術ガイドライン」準拠のハイビジョン静止画ソフト(3媒体方式)を再生する時、その同等の演出(画質、画面効果、再生時間など)で再生できるよう、新たに開発したシステムで、当法人がこれを採用、「対応システム」としたものです。

これまでの3媒体方式は、経年により、システムが老朽化し、また、入手困難となりましたので、新規開発のシステムの提案を受け、これを採用することとなりました。

新しいシステムは、いくつかの特徴を有していますがこれらを次の比較表に纏めました。

従来システム

画像の表示、切り替え効果:

「HVC技術ガイドライン」準拠による方式

記録媒体:

画像 :MOディスク
音声 :CD
制御データ :フロッピーディスク

画像記録:

1920*1080 JPG方式で記録

音声記録:

CD方式で記録

制御データ:

「HVC技術ガイドライン」方式

対応システム

画像の表示、切り替え効果:

従来の「HVC技術ガイドライン」と同等の演出効果

記録媒体:

DVD-ROMに画像、音声、制御データを 記録(1媒体方式)

画像記録:

1920*1080画素、ビットマップ形式で記録

音声記録:

MP3方式で記録

制御データ:

独自方式で生成、記録

「対応システム」の構成

「対応システム」の最も簡単なシステム構成は、ハイビジョン静止画システムと高精細ディスプレイで構成されます。
平成22年7月より、ブルーレイディスクプレイヤーと映像装置の構成でも、再生可能となりました。

ハイビジョン静止画システム

ハイビジョン静止画システムは、下記の構成で、ハイビジョン静止画番組の編集・制作及び再生ができます。

用パーソナルコンピューター 汎デスクトップ型
汎用モニター 一般的なPCモニター
ハイビジョン静止画編集・制作ソフトウエアー アートエディターHD
ハイビジョン静止画再生ソフトウエアー アートプレーヤー
ハイビジョンビデオボード 1920*1080ドット出力対応

ブルーレイディスクプレイヤー

市販のブルーレイディスクレコーダー又はブルーレイディスクプレイヤーがご利用いただけます。

高精細ディスプレイ

「対応システム」のディスプレイとして、ハイビジョンまたはそれに準ずる高精細表示機能を有している、下記の機種に対応しています。

大きさ 103型HD対応
表示画素数 1920*1080
信号入力 Y Pb Pr
専用スピーカー 取り付け可能
重量 220Kg
大きさ 65型HD対応
表示画素数 1920*1080
信号入力 Y Pb Pr
専用スピーカー 取り付け可能
重量 74Kg
大きさ 50型HD対応
表示画素数 1920*1080
信号入力 Y Pb Pr
専用スピーカー 取り付け可能
重量 42Kg

「対応システム」のご購入、お問い合わせやご相談は、こちらから。

page top
トップページへ戻る